ブレイド

ブレイド

トヨタ AZE156 ブレイド 

CVTF圧送式交換です

走行距離は 14.3万キロ

埼玉県富士見市から来ていただきました

トルコン太郎 オイルチェンジャーと接続

トルコン太郎

CVTF交換

まず トルコン太郎と接続し交換前のフルードを見ていきましょう

フィルターが見えないくらい汚れていますね

何度も書いているんですがCVTはフルードが汚れやすいです

さらにフルードの量も AT<CVT とCVTのほうが多いです

フルードの金額も AT<CVT CVTのほうが高いです

これってどうなんですかね??

 

CVTフルード全容量交換 1回目

茨城県

千葉県

埼玉県

群馬県

これで全容量を変えたんですが まだ汚れていますね

新しいフルードへと入れ替えましたのでこのまま

ミッション内部のクリーニングです

 

トルコン太郎の内部洗浄 圧送式交換
フルードの交換後は自動的にミッション洗浄モードへと切り替わります
アイドリング状態でのオイル循環を利用することで
ミッションに負荷をかけることなく交換洗浄が可能です

フルードの循環を使用しますのでフルードが流れるせまい

オイルラインもクリーニングでき、目詰まりも防止します
前面に設置しているフィルターでフルードをろ過しつつ
目視でフルードの色、汚れ具合を直接確認できます。

CVTフルード全容量交換 2回目

東京都

都内

関東CVTフルード

これで この車両に使用している

CVTフルードの全容量を2回分使用しまして

交換洗浄を行いました

これでやっと中のフィルターが見えるようになりましたね

中央にあります交換前のフルードと比べるとカナリきれいになりました

レベルゲージレス フルード量調整

レベル調整

フルードの交換が終わったら はい 終了!

 

だったら簡単なんですが そうもいきません

CVTフルードの量の調整をしないといけないのです

 

エンジン・ミッションを一度冷やし

温度管理により フルードの量を最適にします

 

本来であれば 1晩車両を置いておき 冷えてから翌朝に調整

となっていますが 遠方からわざわざ来ていただいていますので

そこまで時間をかけれませんので

強制的に 冷却します

これで 日帰りでの施工が可能となっています

WAKO'S RECS レックス

レックス

最後に ワコーズのレックスを施工しました

排気量でかなり施工時間が変わります

吸気系から燃焼室まで、堆積したガム質・ワニス・カーボン・デポジットを短時間で強力にクリーンアップ

高性能清浄剤の清浄効果により、インテークマニホールド・吸気バルブからピストンヘッド・シリンダーヘッド、さらに排気バルブまで短時間で洗浄し、燃焼状態を改善させます。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事