トヨタ UCF31 セルシオ ATF圧送式交換 WAKO’S ATF S-S N制御ショック

miyauchi-bp

セルシオ ATF圧送式交換




茨城県神栖市よりブログを見て来てくれた




トヨタ セルシオ UCF31 のATF交換です




しかしちょっと難アリで 変速ショック・違和感有り




1.パーキングからドライブに入れるとショックアリ




2.低速走行中・再加速で吹け上がり後 変速ショック




3.走行中アクセルオフでエンジンブレーキ強い




4.信号待ちなどで停止後 再発進でジャダー




5.スキャンツールでは何も出てこない




ATF交換でこの症状が直る保障は無いとの説明はさせてもらいましたが




改善するものもあるかもしれないのでやってみることになりました




ミッション 変速 ショック




走行距離は6万キロなんですが その割にはオイルが汚れていました




オイルチェンジャー トルコン太郎 設置店




まずはオイルパンを取り外し




変速 違和感




きれいに清掃します ウエスの汚れがオイルパンの汚れです




茨城県




色が黒いのでわかりにくいですが だいぶキレイになりました




千葉県




東京都 都内




オイルフィルターはもちろん交換します




これが詰まっていれば油圧が上がらないですものね




神奈川県




うーむ 調べてみるも異常なし




そもそも通常走行はできているので




フルードの劣化が原因での不具合ならば




ATF交換で改善はさせると思うんだが




こればかりはやってみないといけないので




なんとももどかしい




栃木県




オイルパンを組み付け 抜いたオイルを注入し




オイルチェンジャー トルコン太郎 と接続です




群馬県




3.5Lは新油ですがフィルターは見えません




使用するオイルは トヨタ純正対応の




純正同等オイルです




トヨタ純正ATF




オートフルードWS




オイルパン清掃 関東




ミッションクリーニング




新しいATFに入れ替わりました




このまま新油でのミッションクリーニングをしていきます




この状態で走行はできませんが




1.パーキングからドライブに入れるとショック




これなら確認できるのでオーナーにやってもらうと




かなりショックが無くなったたとのことでした




30分ほどのクリーニングの後




変速ショックやジャダーに強い




ワコーズ ATF セーフティースペック




へ入れ替えることになりました




ワコーズ ATF セーフティースペック




ミッションクリーニングでだいぶキレイになったと思いますので




一気に WAKO’S ATF S-S へ完全圧送交換していきます




ミッションオイル交換




変速ショック改善




ミッション 違和感




高性能ATF




新油と変わらないくらいまで透明度になりました




ATF レベル 調整




オイルチェックで抜いたオイルと比べて ここまでキレイになりましたよ




オートマオイル




この後は エンジン ミッションを冷まし 診断機のデータモニターで




AT油温を確認しながらATFを規定値にあわせる作業です




一度常温にまで冷やさないと調整できないので




時間がかかってしまう作業ですが やらないといけないので




手抜きはできません




さて オイル量調整後 試運転をした結果です




1.パーキングからドライブに入れるとショックアリ




 少しあるが大分よくなりました




2.低速走行中・再加速で吹け上がり後 変速ショック




 試運転では感じられません




3.走行中アクセルオフでエンジンブレーキ強い




 試運転では感じられません




4.信号待ちなどで停止後 再発進でジャダー




 最初よりはかなり軽減されているが無くなった訳ではない




5.スキャンツールでは何も出てこない




これで走行していてもらい少し様子を見ます




オイルが劣化しての不具合でしたらATF交換で改善されますが




ミッション本体やセンサーなどが壊れている場合には




直りません すべてが直る魔法では無いので




ご理解してくださいね




***********************************************




追記




交換後しばらく走ってもらいオイルが馴染んで来たころ




ATF学習値を初期化してみました




通常走行では何も違和感がなくなり快調になったんですが




4.信号待ちなどで停止後 再発進でジャダー発生




これだけが直らずにいましたが




ABS/VSC のバックアップメモリを初期化すると




「VSC OFF」のチェックランプは点灯するもの




ジャダー症状は出なくなり




ヨートレートセンサーとGセンサーの0点補正 の学習をすると




「VSC OFF」のチェックランプは消えジャダー症状再発 




うーん なぞです ちなみにチェックランプは付きません




******************************************************




さらに追記です(2019/10)




上記の ジャダー症状を




「N制御ショック」と自分は呼んでいます




「snow」ボタンを押しますと2速発進になり




ジャダーは出なくなります




もしかしたらの可能性なんですが




ディーラーさんに行きジャダーショックの症状を伝えてください




「Gセンサー」ON OFFで症状が出なくなるのであれば




ECUプログラムの更新で直るはずなんです




はずなんですが 直す気がないのか




やる気がないのか直ったという人は聞いたことが無いです




でも見なさんが行って症状を言わないと




更新プログラムを作らないので ダメもとでも




足を運んでOBD2に診断機を刺してきてください




症状を伝えて来てください




プログラムエラーだとしたらこれで直るはず







もう一つの可能性の話です




この症状はATF交換では直りません




ミッションに対して圧倒的かつ過度な負荷をかけたことによる




ミッション内部 クラッチ版の破損が原因です




劣化してしまったATFのままでホイールのインチアップや




ワイドトレッドスペーサー・車高変更・急発進・急加速などです




これをしてしまうと内部が破損しますのでミッションを




オーバーホールをするか交換するかの2択です




この症状が出てしまいこのページに行きついてしまった場合




諦めて リビルトミッションの見積もりを取ってください







こうならないためにどうすればいいのか?




という話も書いておきます




インチアップなどをする前に ショックに強いATFに入れ替える です




これが唯一できる対策です




でも壊れない限りこのページには行きつかないので




行きついてしまったら もしかしたらATF交換で直るかも




という希望は持たないほうがいいですよ




確実に直りません










Next Post

スパネーゼ グローバルジグ フレーム修正機

事故修理には欠かせないフレーム修正機 損傷してしまった車両を動かないように 固定するための大型の装置 […]
フレーム修正