レクサス GSE20 IS250 ATF圧送式交換  WAKO’S ATF セーフティー-S

miyauchi-bp

レクサス GSE20 IS250




このブログを見つけてくれまして神奈川県三浦市より来ていただきました




レクサス GSE20 IS250のATF交換です




このIS250はレベルゲージ無 オイルライン無の密閉式ですので




通常は全容量交換なんて出来ませんが




オリジナルアタッチメント + トルコン太郎




が可能にしてくれました




トルコン太郎があるからといって密閉式のATF交換が出来るとは




限りませんよー それだけ難しい作業なのです




走行距離は3万キロと少ないのですがH18年車という事で9年経っています 




オイルは年数による劣化もしますのでここで一気にリフレッシュさせていきますね




オリジナルアタッチメント




まずはオイルパンを外し清掃していきます




走行距離が少なくてもスラッジは溜まりますので




キレイにしていきますね(清掃後の写真撮り忘れたらしい・・・)




オイルパン清掃




オイルストレーナも交換します




やはりこれを交換しないとリフレッシュにはならないですから




ストレーナ交換




ミッション内部もあまり汚れていないです




ジャム トルコン太郎




高性能オイルチェンジャー トルコン太郎と接続直後の写真です




走行距離が3万キロと少ないので抜けた分 補充しただけで




少しフィルターが見えるようになりました




しかし折角ここまで来たのだからもっとキレイになってから




高性能オイルへと入れ替えましょうという事で




一気に 全容量を圧送交換していきます




使用するオイルはレクサス純正オートフルードWSに対応した




純正同等オイルにて圧送していきます




茨城県




千葉県




東京都 都内




こんなにフィルターが見えるほどの透明度になりましたね




ここからトルコン太郎のミッションクリーニングをしていきます




洗浄剤ではなくATFを使用してのクリーニングになりますので




ミッションに負担のかからない優しく確実なクリーニング方法なのです




神奈川県




30分ほどのクリーニングのあとに 本命の




高性能ATF 




ワコーズ セーフティーS




に入れ替えていきます




皆さん同じ症状に悩んでいるみたいで




加速時のもっさり感




減速時のエンブレ




これらの解決策として高性能オイルへと入れ替えるのも




ひとつの対策です




レクサス IS250のパワーのあるエンジンに対し




レクサス純正ATF オートフルードWS(低燃費用ATF)




これでは力不足なんですよね




高性能オイルへと入れ替えることで解決するのであれば




入れ替えたほうがいいと思いますよ




では ワコーズ S-Sへ圧送交換して行きます




埼玉県




つくばみらい




大阪




肉眼で見ても新油と変わらないくらいの透明度に




そしてオイルチェックで抜いたオイルと比べると




違いがよく分かると思います




交換後は調整用のオイルを追加し一度ミッションの温度を冷まします




これをしないと油面の調整が出来ません




スキャンツール




AT油温はコンピューター診断機を見ながら




調整温度になってから調整します




これが時間のかかる作業ですが




ATFは油面調整をしっかりしないといけないので




手抜きできない作業です




ATF オイル量調整




ここまでキレイに入替えも出来ましたので




ワコーズ ATプラスを追加し




セーフティーSの性能をさらにパワーアップさせていきます




AT搭載車におススメの添加剤です




ワコーズ ATプラス




ATF交換が終わりましたので続いてスロットルバルブを清掃していきます




スロットルバルブ清掃




真っ黒になっていたカーボンを取り除きました




経ったこれだけで空気の流れる量が変わってしまうので




ECU学習が必要です




アイドリングの安定 燃費向上に効果あるんですよ




ECU初期化




3万キロでここまで汚れ




このあと ECU学習に時間がかかってしまいました




ワコーズ レックス




スロットルバルブ清掃のあとは 




ワコーズ レックス




で燃焼室を洗浄していきます




ワコーズ フューエルワン




さらに ガソリンタンクへ




ワコーズ フューエルワン




を注入し




燃料系の洗浄をしていきます




デフオイル交換




最後に デフオイルの交換です




ディファレンシャルギアも相当な負荷がかかっている為




デフオイルは定期的に交換しましょう




ワコーズ D-90




外したドレンボルトは鉄粉だらけ




ドレンボルトには磁石が付いているので




鉄粉が付いてドロドロです




レクサス ATF交換 必要




キレイにするとこんなにすっきり




使用するオイルは




ワコーズ DF-90




極圧性に優れ、歯面の磨耗、損傷、焼き付きを防止し




ギヤーの寿命を延長するギアオイルです




密閉式ミッションのATFを




ここまでキレイに 高性能オイルへと入れ替えることは




なかなか出来ることではありません




とても難しい作業なのでなかなか出来るところはありませんが




あきらめる前にお気軽に連絡してくださいね

Next Post

スズキ ジムニー 塗装劣化

ルーフとボンネットの部分が完全に劣化で クリアもカラーも飛んでしまっていますので 今回はこれを直して […]