マツダ CWEFW プレマシー ATF圧送式交換 3.1万キロ NUTEC NC-65
マツダ

千葉県佐倉市から来ていただいた

マツダ CWEFW プレマシー

  • ATF圧送式交換
  • ストレーナ交換
  • LLC交換
  • エアーエレメント交換
  • スロットルバルブ清掃

上記の作業をしました

プレマシー

走行距離は まだ3.1万キロ

なんですが ATFがものすごく真っ黒でした

あまりの黒さにカーショップさんでお断りされたそうです

カーショップ

まずはATFを抜きオイルパンを外していきましょう

スタンド
ディーラー

滴り落ちるフルードが物凄く 黒い・・・

本当に3万キロかと疑いたくなります

拒否
交換してくれない

フルードがドロドロとオイルパンに沈殿している

スラッジも多いし いい状態ではないですね

断られる
オートマオイル
トルコン太郎設置店

ぜんぜん映らないのでLEDライトを突っ込んで撮影しましたが

いまいち汚れ具合が伝わらない感じがする

すごく汚れていたんです

茨城県

そして USAにて生産されたようですね

あまり関係ないけど思わず撮りました

マツダ車 ストレーナ交換
マツダのミッションストレーナはトヨタ車に比べ高い傾向にあります
さらに 液体パッキンですとガスケット交換にかかる作業もかなり割高です
つまりは 全体的にトヨタ車と比べても高くなるという事です

トヨタ・レクサス < マツダ という感じです

部品代が高く 手間もかかるので レクサスよりも高いという
謎現象が発生しますので びっくりしないで下さい
千葉県
東京都
都内

すごくドロドロだったのと

シールパッキンが取れなくて

苦戦しましたが

きれいにできました

関東

シールパッキンには

ワコーズ ガスケットメイクを使用します

シールパッキンって色により硬化した後の

硬さが違うんですが

ベンガラ色(赤色)が一番固いですね

次に固いのが 黒色

で このワコーズ ガスケットメイクは

半透明で硬化した後も程よく

弾力性があるので

一番漏れにくいと思うんです

硬いほど漏れやすく

弾力があるほど漏れにくい

まあこれはいろいろ使ってみての

個人的な感想です

話が脱線しましたが

このガスケットメイク

取り付け後

オイルを入れるまで

12時間放置しなければいけないのです

早まってオイルを入れると

オイル漏れの原因になるので

その後の事を考え大事を取りますので

ご理解をお願いします

神奈川県

一晩お休みして

シールパッキンが固まったら

ATFを注入し

オイルチェンジャー

トルコン太郎と接続します

埼玉県

抜いた分 新しいフルードを入れたんですけど

真っ黒ですね

群馬県

ATF交換をしながら

LLCのエア抜きも同時にやっていきます

栃木県n
ATF黒い
完全交換

全容量交換 1回目

ストレーナ交換を合わせても

結構な量を使っていますが

まだまだ黒いです

30分ほどATクリーニングをしまして

もう一度全容量交換やりますね

クーラント交換
エア抜き
フィルター交換

全容量交換 2回目

まだ黒味がありますが

肉眼で見ると フィルターが

見えてきました

最高級

では 大本命のATF

ニューテック 最高峰 NC-65

超高性能フルードへと

入れ替えていきます

最高峰
ニューテック
レース
コース
NC-65

あれだけ真っ黒だったATFが

ここまでの透明感へすることができました

フルードの汚れ方でクリーニングに使用する

ATFの量が変わってしまうのですが

きれいにする事は可能です

ATフラッシング
ATクリーニング

エアーエレメント 汚れていますねー

それだけ空気が汚れているのか??

スロットルバルブ清掃
カーボン落とし

アイドリング安定のために

スロットルバルブも清掃していきます

中古車
整備履歴

3~4万キロに一度 清掃してもらうと

カーボンが固まらずに

きれいに取ることができるので

定期的に清掃してくださいね

 

この車両は中古で購入後カーショップさんで

ATFの交換を依頼したら

あまりの黒さで断られたとの相談があり

フルードチェックの結果、交換が可能でしたので

ATF交換をしましたが

どんな乗り方をしたら3万キロで

あんなに真っ黒になるんだろうと

思うのですが 

 

ブレーキパッドが無かったと言っていたので

おそらく 前オーナーがブレーキペダルに足を置きながら

乗る人だったのではと 推測します

 

さすがに整備記録には乗り方までは

記録されていないので

中古で購入したらわからないですよね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事