トヨタ SCP10 ヴィッツ 吹けない

トヨタ SCP10 ヴィッツ アクセルを踏んでも吹けない

車を取りにいくと確かに アクセルを踏んでも吹けずに
かなりもたつく感じ

O2センサー スパークプラグ エアーエレメントは交換済み

IMG_6281

ピンボケしてるけどまずはスロットルバルブ清掃

IMG_6284

結構カーボンの蓄積あり

IMG_6285

写真撮り忘れたけど スロットルバルブは簡単に取り外しできたので
裏側もきれいにしときました

IMG_6286

スロットルバルブより後ろは ワコーズ レックスの力を借ります

IMG_6291

白煙もくもくです

IMG_6305

ATFも結構汚れていたのでレベルゲージからの
循環式ですがATF交換しました

IMG_6304

抜いたオイル シャッターが間に合わなかったらしい
真っ黒でした

ではでは 今回 修理のメインは

IMG_6303

エアフロメーターの交換
このころの車両の調子が悪くなるのはたいてい
このエアフロメータなんです

対策部品には 大きな「C」マークが付いています

こいつがおかしくなると 吹けない 加速が悪い エンストみたいにガタガタいう
など ろくなことが起きない

ここまでやればさすがに調子は戻りました

しかし この VVT-Iエンジンはオイル管理が悪いと
とことん苦労するエンジンなので定期的にオイル交換をして下さい
カーショップの激安オイル交換はダメなんですよー
オイルは入っていればいいは間違いなのに・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事