ホンダ RB1 オデッセイ ATF圧送式交換

ホンダ RB1 オデッセイ 圧送式による ATF交換です

ホンダはフルードが特殊で純正以外は使えないとされていますが

そんなこともなく 純正同等フルードの使用も可能です

 

 

まずは オイルチェンジャー トルコン太郎と接続していきます

ホンダ車の場合はチェンジャーと接続はできるんですが

トヨタ車のようなオイルパンが無い車両が多いため

ストレーナーの交換やオイルパンの洗浄などできない場合がとても多いです

 

 

まずは 全容量を使用しAT内部を洗浄していきます

まだまだ 真っ黒ですねこのまましばらくは回したままにしまして

内部を洗浄していきます

 

 

全容量交換 2回目です 

何とかこれくらいキレイになりました

よかった

ホンダ車 注意点
説明書にはATF 2Lとか書いてある場合がありますが

(車種によりもちろん量は違います)

ドレンボルトから抜いた場合は2L 抜けるよ という意味です

実際には ATで6Lとか CVTで8Lの場合があります

説明書を見て 2Lを2回交換で 4Lだから・・・ と自己見積をしますと

かなり金額の差が出来てしまい 怒り出す方がいますので

説明書に記載してある数量は ドレンボルトから抜いた数量として見てください

【足らなくならない様に用意してください】 

と書いてくれればいいのですけどね

  

あと スロットルバルブの掃除もしました

どうしても汚れてしまうので定期的に清掃しないといけない場所ですね

汚れないようにする為には エアーエレメントの定期交換が重要です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事